Help
Help

戦火の絶えない動乱の時代。
舞台となるタムリエル大陸では、レブナントや闇の霊が軍勢を成して出現するようになっていた。
冬は年ごとに寒さを増し、不作が続く。秘術師たちは悪夢にうなされ、口々に破滅の予兆を語る。

始まりは現在から4年前の第二紀578年。
帝 都にて神秘的なエネルギーが爆発し、その魔力の余波は惑星ニルン全体を揺るがした。その影響で多くの魔術師達が死に、生きながらえた者も気が触れてしまっ た。時を同じくして異次元世界「オブリビオン」からデイドラと呼ばれる禍々しい悪鬼どもが、かつてないほどの大群で押し寄せた。夜空に広がる蛇座の星々は 大きく膨れ上がり、闇の大蛇が天を飲み込むかのように夜空を覆い尽くした。

こ れらを背後で操るのはデイドラの君主、モラグ・バル。世界を支配し隷従させんとする彼の計画はこうして始まった。モラグ・バルは各地に「ダークアンカー」 と呼ばれる、暗黒の魔力を集約する拠点を設置して、二つの世界の境界を取り払おうとしている。ニルンとオブリビオンを次元融合し、悪夢のような世界を生み 出そうというのだ。

こ の大混乱の中、空席となった帝都の王座、白金の塔の支配を巡り、3つの同盟軍が戦端を開こうとしていた。ウェイレストの上級王の下ではハイロック、センチ ネル、オルシニウムの三国が団結し、一つの勢力となっていた。一方でヴァレンウッドとエルスウェーアはサマーセットで独自の同盟を結成。さらにブラック・ マーシュ、モロウウィンド、スカイリムも不安定ながら第三の同盟軍を結成していた。

ダガーフォール・カバナント。アルドメリ・ドミニオン。エボンハート・パクト。

3つの勢力はそれぞれ帝国領を中心に争い合いながら、オブリビオンの暗黒の勢力から白金の塔を奪い返し、帝都の覇権を取り戻そうとしている。

いずれの勢力に属するかは、貴方の手に委ねられている。

 

世界観

タムリエル大陸を舞台に、エルダー・スクロール<星霜の書>と呼ばれる予言書を巡る壮大なドラマを綴ってきた“エルダー・スクロール”シリーズ。その最新作にして初のオンライン作品となるのが、エルダー・スクロールズ・オンラインである。

日本でも好評を博したシリーズ第四作目「オブリビオン」はタムリエルの歴史上、第三紀433年に起きた事件を中心にしており、第五作目「スカイリム」はその約200年後、第四紀201年のスカイリム地方を舞台にした話となっている

エルダー・スクロールズ・オンラインでは、シリーズ中で最も古い時代となる第二紀582年に起きた大陸全土を巻き込む大戦争を軸に、様々なキャラクター達が織りなす物語を体験できる。

邪神の侵攻により空位となった帝国の玉座を巡り、タムリエルの人々は三つの勢力に分かれて争いを繰り広げている。戦渦に飛び込み武勲を上げて皇帝を目指すか、帝国崩壊の真実を巡って邪神と戦う道を選ぶか、全ては貴方の手に委ねられている。